肌の黒ずみの原因になるメラニン色素とはの記事ではメラニン色素とはなんなのか、どのように排出されて元の肌の色に戻るのか、黒ずみ・色素沈着の出来る理由を説明しました。

この記事では、メラニン色素の分解・還元を助けて、黒ずみ・色素沈着を治す成分や栄養素について説明します。

メラニン色素生成を抑制して治す

メラニン色素生成は肌内部のメラノサイトで行われています。

厳密に言うと、メラノサイトで作られたばかりのメラニンは「チロシン」というアミノ酸ですが、メラノサイトがもっている酸化酵素(酵素チロシナーゼ・プロスタグランジン・エンドリセリン)が働きかけることで、チロシンは黒色メラニンに変化します。

メラノサイトがメラニンを生み出す際に主な役割をしている酸化酵素の働きを抑制することで、メラニン色素の生成は抑制されます。

メラニン生成を活性化させる酸化酵素の阻害・抑制と美白作用について

成分名 美白効果
 ハイドロキノン  強いチロシナーゼ抑制効果とメラニン自体の数を減らす効果があり、美白作用がある。もともとは写真の現像などに使用されている漂白成分だったが、薬事法改正によって低濃度で化粧品にはいごうすることが認められました。
 ビタミンC  広く一般的に知られているビタミン。ビタミンCは皮膚からほとんど吸収されないため、美白作用としてはあまり高くなかったが、皮膚に塗るだけで吸収されるタイプが開発されたことで、高濃度に調合されたローションが使用されるようになりました。
 アルプチン  コケモモ・洋梨に含まれている酵素チロシナーゼの抑制作用がある。
甘草エキス 甘草または同属植物の根および根茎から得られる。含まれるクラブリジンが美白効果を持つ。
 プラセンタエキス  牛などの胎盤エキス。ドーパクロムの生成を阻害します。また新陳代謝を促進する効果もありますから、できたメラニンの排出なども早めると考えられ、おだやかな美白効果があります。
オウゴンエキス オウゴン(黄芩)は、コガネバナの根の周皮を除き乾燥したものです。肌の抗炎症作用や保湿作用や活性酵素除去作用(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)があり、美白作用が高い。
トラネキサム酸 トラネキサム酸は、表皮に発生したメラニン生成を促す活性酵素、プロスタグランジンやプラスミンなどを阻害・抑制してメラニン生成を抑える。内服薬として処方される場合もあるが、クリーム・ローションなどの化粧品に配合されて皮膚から直接浸透させる方法もあります。

 

肌の黒ずみ・色素沈着を除去するローションやクリームには上記のような成分と保湿・抗炎症作用のある成分を配合することで、メラニン生成を抑制しながらターンオーバー(メラニンの新陳代謝)を促進していくことで治していくのです。