⇒くるぶし・かかとの黒ずみの原因

↑の記事ではかかと・くるぶしの黒ずみの原因について説明しましたが、本記事ではかかと・くるぶしの黒ずみの予防方法・対策方法について説明してきます。

正座やあぐらで床に座るなどのくるぶしに負担をかける座り方をしないこと

正座は膝と外側のくるぶしを圧迫刺激してしまいますし、あぐらも上手く体圧分散をしないと外側のくるぶしを圧迫刺激してしまいます。

くるぶしの黒ずみが気になる方は、なるべく正座やあぐらで硬い床や畳に座るのは避けましょう。

かかと・くるぶしのUVケア・日焼け対策をしっかりする

かかと・くるぶしは黒ずみが出来やすいカラダの部分のなかでも、最も頻繁に直射日光・紫外線を浴びる部分でしょう。

日焼けによってメラニン色素が生成されて色素沈着して黒ずみになりますので、普段から日焼け止めクリームを塗っておきましょう。

自分の足のサイズに合ったの靴やブーツを履く

かかとやくるぶしの黒ずみの一番の原因は「靴ずれ」です。

自分の足のサイズに合っていないシューズを履くと、特にかかとに靴ずれが起きた経験がある人は多いでしょう。

継続的な皮膚の摩擦はメラニン色素が生成されて黒ずみになると説明しましたが、まさにこの摩擦がとても頻繁に起きているのが靴の中になります。

また、スニーカー等の場合はかかとの靴ずれが多いですが、サイズの合っていないブーツの場合は、くるぶしの靴ずれも起こりやすいです。

ヒール部分の紐が無いタイプのサンダルを履く

上記と同様の理由で、かかとやくるぶしの黒ずみが気になっている方は、サンダル紐とかかと・くるぶしの摩擦で黒ずんでしまうので、なるべくヒール部分の紐が無いサンダルを選ぶようにしましょう。