ビキニライン・Vラインとは、ちょうどビキニを着た時にビキニの際のV字に当たる部分のことで、

ビキニライン・Vラインも黒ずみで悩む女性が多いカラダの部分ですよね。

特に夏の海やプールでビキニを着た時や温泉に入る時、エッチの時などに比較的目立つ部分なので恥ずかしい思いをしてコンプレックスに感じている女性も多いようです。

それではビキニライン・Vラインの黒ずみの原因を説明していきます。

まず肌の黒ずみ・色素沈着のメカニズムを知ろう

そもそもなぜ肌の黒ずみや色素沈着が発生するかを理解しましょう。

肌の黒ずみを一言で言ってしまうと、

肌の角質層の中で生成されたメラニン色素が、体外に排出されずに沈着した状態

といえます。

メラニン色素という言葉はかなり一般的ですよね。日焼けをした際に肌が黒くなるのはメラニン色素の働きによるものです。

メラニン色素は肌への継続的な刺激によって生成される

メラニン色素というのは黒ずみ・シミ・そばかすの原因ともなりますが、そもそもは肌を保護するために生成されます。

メラニン色素を含んだ表皮細胞のおかげで、紫外線が皮膚の奥深くまで届くことがなくなり皮膚がんが起こりにくくなります。

このメラニン色素は日焼け(紫外線)以外にも、継続的な肌への刺激によっても生成されます。

⇒メラニン色素についての詳細はこちらの記事

肌内部のメラニン色素を排出するのがターンオーバー

日焼けをして肌が黒くなっても、しばらく日光にあまり当たっていないと、少しずつ肌の色が元に戻っていきますよね?

これはターンオーバーという肌の再生機能によるものです。簡単に言うと「新陳代謝」ですね。

肌は何層もの角質層・基底層・真皮によって形成されていますが、ターンオーバーによって、

爪と同じように深い所から徐々に徐々に上に押し上げられていき、一番上の角質層が垢となって体外に排出されます。

最も深い真皮が、一番上まで上がってきて角質層として体外に排出されるまでの期間をターンオーバー周期と呼び、

20〜30代女性で平均的には28~33日間程度と言われています。

ビキニライン・Vラインの黒ずみの原因

サイズの合わない下着やホットパンツなどによる摩擦

メラニン色素は継続的な肌への刺激によっても生成されると説明しましたね。

サイズの合わない下着や窮屈なホットパンツなどで1日歩きまわったりすると、デリケートゾーンにかなりの摩擦が起こります。

特にビキニライン・Vラインは下着の端っこが常に擦れている場所ですので、キツい下着を履いたりすると摩擦が強くなってしまいますし、窮屈なホットパンツを履くと下着を圧迫して下着と肌の摩擦を増長させてしまいます。

これによってメラニン色素が生成されてしまうんですね。

 

ピンセットなどでビキニライン・Vラインの毛を抜く

ビキニラインはデリケートゾーンと比較してあまり濃く毛が生えていない部分なので、脱毛をする機会はあまり無い女性が多いですが、それでも薄い毛が生えていますので、夏や温泉旅行前などには除毛をする機会が出てくるかと思います。

うぶ毛を少し抜く程度であれば毛抜きでも肌への刺激はあまりありませんが、少し毛の濃い女性の場合に頻繁に毛抜きで処理をすると肌への刺激が強くてメラニン色素が生成されてしまいます。

また、Vラインに関しては、デリケートゾーン(あそこ・Iライン)と同様に多くの濃い毛が生えている部分ですが、こちらもピンセットなどで抜いたり、毎日のようにカミソリで剃ったりせずに、なるべく刺激の少ないWAXや除毛クリームをオススメします。

ビキニライン・Vラインの毛穴のつまり

ビキニライン・Vラインは肌の角質層の薄い敏感な部分な上に、常に下着が触れている部分なので、毛穴が詰まったり、肌荒れが起こりやすい部分です。

肌荒れは基本的には毛穴に角質が詰まることで炎症が起きることですが、

こういった状況をしっかりケアしないと、毛穴でもダメージが蓄積して、毛穴でのメラニン色素の生成と沈着が起きて、「シミ毛穴」のようになってしまいます。

ターンオーバー周期の乱れによりメラニン色素の肌からの除去が間に合わなくなる

ターンオーバー周期は様々な要因によって乱れてしまい、周期が長くなってしまうと日々の刺激によるメラニン色素の生成スピードに追いつかなくなってしまい、徐々に色素沈着が進行して黒ずみとなってしまいます。

ターンオーバー周期の乱れの原因は色々とありますが、ビキニラインに関しては以下の様な原因があります。

  • ビキニライン、Vラインの皮脂蓄積と蒸れによる肌荒れ
  • 生理不順などによるホルモンバランスの乱れ
  • 妊娠によるホルモンバランスの乱れ
  • ボディソープでの洗いすぎなどによる肌荒れ

以上がビキニライン・Vラインの黒ずみの主な原因です。

対策や治し方を実践する前に、しっかりと原因を理解しておくことは大切ですので、是非覚えておきましょう。